工科系GIRLS

小さな頃からものづくりに興味があったのが工學部を志したきっかけでした。

もともと小さな頃から何かものを作ったり、設計したりすることが好きで、小學校、中學校、高校で色々なものを作ったり、學んだりしていくうちに、より専門的な機械やコンピュータに興味を持ち工學部を志しました。工學部では、実際に自分でものを作ったり、設計する仕事に攜われるよう日々勉強していますが、西日本工業大學の工學部では教員免許を取得することもできるので、將來のことをしっかり考えることができる環境が整っていることがとても気に入っています。
工學部を志したきっかけは小さなことかもしれませんが、実際に西日本工業大學の工學部に入學してみて、とても良い選択ができたと実感しています。

女子よりも男子の方が多いので最初は心細かったのですが、次第に慣れていきました。

やはりまだ工學部は女子よりも男子の方が多く、私の周りもほとんど男子ばかりです。女子が少ないので、うまく周りと打ち解けられるか正直不安で、最初は心細かったのですが、私の周りには優しい人や頼りになる人たちが多く色々と気にかけてもらい、女子が少ないことには次第に慣れていきました。もちろん男子だけでなく女の子の友だちもできましたし、私の場合は、委員會やサークル活動などを通じて一気に友だちが増えました。その中で私たちがよく話しているのは、工學部の女子の少なさです。男子も女子もその點は同じ悩みですね。これからもっと工學部を受験する女子が増えると良いのになと思いました。


小學生の頃にロボットに興味があったのが入學したきっかけです。

小學生の頃にロボットに興味を持ったことがきっかけで工學部を志しました。今は眞田研究室で水中ロボットの研究をしています。西日本工業大學には工學部の他にデザイン學部もあり、デザインの分野を身近に感じることができます。そのような環境で學ぶようになり、また新しい夢を見つけることができました。將來はアートとデジタルが融合したカフェを経営したいと思うようになり、日々勉強しています。アート作品を飾るだけでなく、電気?電子の観點からアート作品にデジタルの仕掛けを設けて、見て觸って楽しめるような今までにない新しいものを作りたいと思っています。西日本工業大學に入學していなかったら工學とデザインを両方意識することもなかったと思います。

女子が少ないおかげで顔も名前もすぐに覚えてもらえました!

入學した當初は思った以上に女の子が少なくて少しオドオドしていましたが、いざ學生生活が始まるとみんな気さくに話しかけてくれたり、遊んでくれたりするのでとても楽しく過ごしています。みんな初めての學生生活に緊張しているので早く友だちを作りたい気持ちは一緒なんだと思います。だから友だちも自然とできました。
また、女子が少ないおかげで顔も名前も覚えてもらいやすく、あっという間に友だちができますよ!そして女子が少ないから女の子同士の絆もとても強く、今では工學部を受験して良かったと思っています。


西工大「夢追人」

大きな夢に向かって頑張っている西工大生の中から5人の熱い思いを特集しています。
詳細情報はこちら

わたしのキャンパスライフ

西工大生の1日に密著。それぞれのライフスタイルをレポートします。
詳細情報はこちら

最新无码国产在线视频