研究最前線 Vol.05:早川信介

研究最前線 Vol.05:早川信介

地元京築の「安心」のためにスタートした橋梁點検とその研究

我が國の道路橋は約723,000橋を數え、その內の91%を地方自治體が管理しています。この橋梁構造物においては1960年代に米國で部材腐食と過加重によって落橋事故が発生し、日本でも橋の老朽化における研究が始まっていたところ、平成24年12月に笹子トンネルの天井板落下事故が発生しました。橋梁の老朽化対策が緊急課題となった我が國において、京築地區1町の114橋から始め、その後1市2町728橋のうち架設年度の古い336橋を対象とした調査を行うこととなり、コンクリート橋の劣化進行とその推定に関する研究が始まりました。

慎重且つ迅速な調査研究が課題

海に面した京築エリアの橋梁を調査していくと、アルカリ骨材反応(ASR)によるコンクリート構造物の損傷事例が多く、山間部の凍結による凍結防止剤や海からの飛沫塩害等の物理的要因を考慮しつつ調査研究を進めています。ASRは、コンクリートの強度および弾性係數の低下やかぶりコンクリートの剝落等により、構造性能の低下が懸念されるだけでなく、コンクリート表面に発生したひび割れから塩化物イオン、水、酸素がコンクリート內部に浸入できるようになると、內部鉄筋の腐食も危懼されるため、慎重且つ迅速な調査が必要です。

日本ならではの安心の構築こそがテーマです

橋梁の長命化には2種類が考えられます。一つは橋そのものを架け替えるというもの。しかし現代においては予算的な問題から現実的ではありません。そうなると劣化したコンクリートの「ひび」に樹脂を埋め込み補修し、表面をはつって塗り替えていくという手法しかありません。日本人ならではの「永く大切に」という心に沿ったやり方ですし、米國では重要部材外での「遠望目視」中心の點検を行っているが日本では打音を含む「近接目視」を活用した詳細點検を実施しており、それこそが私たちの暮らしにおける安心感へとつながると、日々研究を重ねています。


研究室

西日本工業大學の研究室で行われる様々な研究現場をご紹介します。
詳細情報はこちら

最先端設備

西工大の研究に欠かすことのできない設備をご紹介します。
詳細情報はこちら

最新无码国产在线视频