機械工學系 機械コース

基礎と開発力をしっかりと身につけ幅広い分野に対応できるエンジニアに

機械技術者として必要な専門知識や専門スキルをベースに、機械設計や製造、メンテナンスなど、幅広い分野に対応できるエンジニアとしての道が開かれている機械コース。「材料力學」、「機械力學」、「流體力學」、「熱力學」の四力學を基礎に機械設計や製造などの応用技術を學習します。また、コンピュータで設計データをつくる「CAD」をはじめ、NC工作機械の加工データを作成する方法を學ぶ「CAM」、構造や強度の解析のための「CAE」などの情報処理技術も修得します。さらに、「制御工學」でロボットや飛行機などの自動制御系の考え方や制御方法について學んだり、自らの手で溶接、機械加工、組み立てを行う「ものづくり演習」で実際のものづくりの楽しさと達成感を體感するなど、実踐的な授業が多いことも特色です。3年次には総合演習Ⅰ?Ⅲで機械設計技術者3級や技術士一次試験合格のためのサポートも行います。

取得できる資格

取得できる資格
  • 高等學校教諭一種免許狀(數學?工業)
  • 中學校教諭一種免許狀(數學)
在學中に
受験できる資格
  • 機械設計技術者(3級)
  • 技術士補
  • 3次元CAD利用技術者試験(1級?準1級?2級)
実務経験を経て
取得できる受験資格
  • エネルギー管理士免狀
  • 機械設計技術者(1級?2級)
  • ガス主任技術者(甲種)
  • 建設機械施工技士
  • 労働安全(衛生)コンサルタント
  • ボイラー技士
  • 技術士
  • 自動車整備士(3級)

就職狀況

就職先および進學先の一例

日本製鉄(株)/JFEスチール(株)/三菱自動車(株)/ダイハツ九州(株)/日本電産(株)/MHIプラント(株)/(株)三井ハイテック/山九(株)/(株)ゼンリン/(株)日立プラントサービス/新日本熱學(株)/三菱自動車エンジニアリング(株)/(株)翼エンジニアリングサービス/安川モートル(株)/公務員、地方公務員/公立學校教員/九州大學大學院 ほか

カリキュラム

工學を學ぶにあたって最低限必要となる基礎學力をリメディアル科目で育みながら、情報関連の知識やエンジニアとしての素養と素質を養成。さらには演習でものづくりの初歩を體験していきます。

高校の普通科卒業でも、ものづくりの基本が一から分かる「ものづくり演習」。習うことすべてが面白くて夢中に。難しいところも先生がていねいに個別指導してくれます。

フライス旋盤などの機械工作や溶接、組み立てなどを実習。機械部品や機械裝置の製造を體験することで、設計された部品が無理なく製作できるか判斷することができます。

  • ものづくり演習
  • 創造工學
  • CAD
  • 機械工作
  • 工學実験
  • 電気電子回路
  • 環境學概論
  • 基礎プログラミング ほか

2年次から3年次前期にかけ機械の専門科目を數多く配置することで機械工學の基礎を固めていきます。また機械技術者の土臺となる「力學」などの基礎知識も、この段階でしっかりと身につけていきます。

授業はいよいよプロフェッショナルとしての土臺をつくる専門分野へ!講義だけでなく実験も取り入れた授業はわかりやすくて身につきます。

內燃機関や外燃機関などを理解するために必要な、熱エネルギーの形態の変化や変換、熱による物質の狀態の変化などについての基礎知識を學びます。

流體力學、材料力學、機械振動、熱力學に関する実験を行い、機械工學に関連した基礎知識を學習。さらに測定機器の使用方法やレポートの作成についても修得します。

  • 材料力學
  • 機械力學
  • 機械製図
  • 流體力學
  • 工業熱力學
  • 機構學
  • 制御工學
  • 機械材料
  • 機械工學基礎実験 ほか

3年次後期からは、機械工學の幅広い分野への適応能力と問題解決能力を養うために機械工學の応用科目と學外體験科目を配置。また將來に向け自分の興味?関心のある分野をさらに絞り込んでいきます。

CADなど実務に役立つスキルを修得。インターンシップでは、現場の仕事を體験すると同時に、改善提案に取り組んだことでプレゼンテーション力と積極性が身につきました。

3D?CAD(3次元設計)ソフト、SolidWorksのアドインソフト?COSMOSWorksを使い、工業設計する際に必要な構造や強度の解析手法の基礎を修得します。

流體力學的エネルギーと機械的仕事との変換を行い、家庭內の換気扇から原子力発電プラントの蒸気タービンまで幅広く利用されている流體機械について學びます。

  • デジタルエンジニアリング
  • 機械設計製図
  • ロボット工學
  • 機械工學応用実験
  • エンジン工學
  • CAE ほか

4年次は、それまでの學習の成果を発表する時期。各自の研究テーマを選択?決定し、擔當教員のもと卒業研究を進めていきます。

いよいよ4年間の集大成である卒業研究。先生の指導のもとテーマに沿って実験を繰り返し、理論をまとめる過程はやりがいがあります。同時に、機械設計技術者試験にも挑戦しました。

これまで學んだ機械設計、機械製作、制御プログラムなどの知識と技術を駆使して、さまざまな実験裝置を製作。実験検証を行っていくことで、機械製作の応用力を磨きます。

  • 卒業研究(テーマ)
  • 「マイクロ波加熱とテルミット反応を利用したインド産砂鉄の還元」
  • 「引張試験機を用いた3Dプリンタ製作部品の基礎的物性の計測」
  • 「連続鋳造における非定部位鋳片高清浄化の研究」 ほか

工學部総合システム工學科

西日本工業大學の工學部は、総合システム工學科として7つの専門分野から自分の目的に合わせて適したコースを選択できます。
詳細情報はこちら

デザイン學部

西日本工業大學のデザイン學部は、建築學科と情報デザイン學科の2學科から編成されこれからのクリエイターに求められる力を身につけていきます。
詳細情報はこちら

授業風景

西日本工業大學の授業風景を動畫で紹介しています。
詳細情報はこちら

留學生Voice

西日本工業大學から海外の大學へ、また母國を離れ西日本工業大學で學ぶ留學生の方の留學體験談を紹介しています。
詳細情報はこちら

西工大はものづくりの街にあるんです!

日本有數の産業拠點?北九州市および京築地域、この街のすべてが學びのフィールドです。
詳細情報はこちら

資格取得

資格取得について詳しく紹介しています。
詳細情報はこちら


最新无码国产在线视频