教育方針

西日本工業大學は、「人間性に支えられた高度な工業技術者を広く學術の研鑽を通じて育成する」という建學の精神の下、「人を育て技術を拓く」を基本理念に、教育を展開しています。

教育內容の體系化

教育

教育課程について

教育課程は、「教養教育科目」、「學部共通科目」、「専門教育科目」で編成されています。

教養教育科目 高等學校から大學への円滑な移行を図り、大學で主體的に學習する方法?態度を身につけるための「基礎スキル科目」、人間理解の方法や幅広く深い教養、豊かな人間性を身につけるための「総合共通科目」、専門教育を受けるために欠かせない基礎的知識や能力を身につけるための「専門基礎科目」に分類されています。

學部共通科目 學部を通して必要な知識を與えるための科目で構成されています。工學部では、導入教育としての科目「工學実験」や數學系科目、環境に関する科目、専門分野で基礎となる科目が配置されています。デザイン學部では、デザインの基礎となる科目及び數學?物理の概論的科目で構成されています。

専門教育科目 學科あるいは系に固有の専門教育を授けるための科目です。4年次の「卒業研究I、II」では、各専門に応じたテーマについて研究することによって、問題発見能力、解決能力、プレゼンテーション能力の向上に努めています。

履修に関する規程

卒業要件単位數を124単位以上と定め、その內訳として、「教養教育科目」の「基礎スキル科目」から2単位以上、「総合共通科目」から8単位以上、「専門基礎科目」から10単位以上、「學部共通科目」及び「専門教育科目」から90単位以上を修得しなければならないと定めている。

教授方法改善について

FD委員會主催のFD研修會で、本學教員による有用な教授方法の紹介や外部講師による講演を実施している。 また、學期毎に各教員で1科目を指定し、統一的な授業アンケート(學生評価)を実施し、加えて、各教員で擔當科目の殘り全科目の授業アンケートを実施している。さらに、対象科目を設定し、教員相互による授業參観を行っている。 授業アンケート結果及び授業參観は、各教員が翌期の授業改善に役立てている。

工學部

1年次の「工學概説」で本學工學部の専門內容を示し、複合技術に対応できる素養を與えている。

1年次に「工學実験」を配置し、本學工學部の各専門に関する初歩の実験を行うことで、工學に対する興味を喚起している。

入學後に數學と英語を対象にプレースメントテストを実施し、その結果を踏まえて數學?物理系科目及び英語科目の習熟度別教育を実施している。

デザイン學部

低學年次より専門への意欲?関心を高め、自學力を向上させるために、1年次に「デザイン學概説」、「美術史」を配置している。また建築學科では「建築デザイン基礎」「住宅デザイン」「建築計畫I」「建築計畫II」など、情報デザイン學科では「プロジェクトI」「プロジェクトII」などの地域を志向した専門領域で「課題発見?分析」「課題解決?実踐」のグループワーク等のPBL型授業科目を配置している。


最新无码国产在线视频